梅シロップ

 

梅雨前の梅の季節、青い梅を1kg袋で買って、梅シロップを作ります。

大きめの瓶に、氷砂糖1kgと梅の実を交互に入れて、食酢をそそぎ、冷蔵庫で一ヶ月ほど。瓶がたぷたぷ、梅がシワシワになったら、瓶から実を除き、鍋で煮て、氷砂糖を完全に溶かして出来上がりです。

金ぴかの、いかにも美味しそうなシロップになります。さて、出来上がった梅シロップ。ヨーグルトに入れたりもするのもいいですが、もっぱら飲み物にしています(簡単だから)。水で割ったり炭酸水で割ったりすると、さっぱりといただけます。

暑い夏にぴったりです。しかし牛乳で割ると、不思議なことに、ミルミルっぽい味がするんです!!(ヤクルトの)あのミルミルの味、好きなんですよねーセロリが隠し味ってのがすごいですが、言われてみればそんな味がする気になって、納得ですよねー…と脱線しましたが。

梅シロップジュースは、クエン酸たっぷりで、出来上がったころからの、梅雨が明けての真夏に向けてぴったりです。果物嫌いな娘は全く飲んでくれませんが、息子と夫は出せば飲む、くらいには好きなようで、この夏も一日一杯は出そうと思います。